スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

perlとCGIプログラムでは、ちょいと違うね

perlのスクリプトを走らせると、「Perl.exe」がいくつも起動して、処理が終わっているのに終了しようとしない。かたや、Delphiで作った実行形式のファイルは、処理が終わると速やかに消える。この違いは明白で、「Perl」が次々に増えていくと我がマシンのCPU使用率が増え、冷却ファンがものすごい音でうなり声を上げ始めるので、びっくりする。うなり声を上げるのは、DVDの書き込み時と、PCゲームをしているときくらいのことなので、大丈夫かな?と思ってしまうほどだった。職場のサーバでは、perlスクリプトでの処理は、コーディングに十分気をつけてね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SSWorld

Author:SSWorld
SSWorldへようこそ!
デジタル化されたモノが好きなのかもしれません。プログラミングしてフリーウエアを作ったり、昔録音した自分たちの演奏をデジタル化したりして、楽しんでます。DVDレコーダーも割りと早くに手に入れ、機械を分解してもいます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンタ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。