スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DelphiXE5でMacアプリを作成

以前購入したDelphiXE5を使ってMacアプリを作成することにした。

<理由・経緯>
今まで、DelphiXE5を使って数多くのWindowsアプリを構築し、アップしてきた。
しかし、私のメインのパソコンはiMacであってWindowsではない。
そのため、iMac上で仮想化ソフトを起動し、その上で私が作成したWindowsアプリを使ってきた。
でも、ほぼ毎日仮想化ソフトを立ち上げWindows8.1を立ち上げ、という行為が面倒になり、Macで直接操作できるアプリを構築することとした。
ただし、以前同様のことを「Objective-c」で行ったが、今回はDelphiXE5のFireMonkeyを使う。

<大事>
仮想化上でのDelphiXE5キー操作
FireMonkeyのコンポーネント
RAD PAServerXE5のインストール
DelphiXE5との接続
コンパイル(PAServerにてsコマンド)

これらについて、順次説明していく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SSWorld

Author:SSWorld
SSWorldへようこそ!
デジタル化されたモノが好きなのかもしれません。プログラミングしてフリーウエアを作ったり、昔録音した自分たちの演奏をデジタル化したりして、楽しんでます。DVDレコーダーも割りと早くに手に入れ、機械を分解してもいます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンタ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。