スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iMacのイヤホンジャック不良

以前から、我がiMacのイヤホンジャックが接触不良なのか、ヘッドホンのプラグを差し込んでも音が聞こえない状態が続いていた。
ゴールデンウィーク前に修理にだそうかとも思ったが、スピーカーから聞けばいいだけのことなので、我慢していた。

でも、ヘッドホンで聞く音楽は、スピーカーの音量に気兼ねなく、また、音楽の世界に入り込めるため、欠くことができない。
自分で言うのも変だが、イヤホンでは「Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO」、ヘッドホンでは「SENNHEISER HD25-1II」を使うほど、音楽にはこだわりを持っている。

で、復旧作業だが、ドライバ関係は異常がない。
一番怪しいと思ったのは、「MuteCon」というソフト。
まず、こいつを停止させ、iMacを再起動させてみると、数か月ぶりにヘッドホンから音楽が流れてくるではないか。

この「MuteCon」は、iMacの起動音(じゃ~ん)を消してくれるソフトで、仕組みは、起動時に音量を最低にして、起動後に音量レベルの通常に戻すという原始的なもの。

このソフトはその後、悪さをしていないが、もし同じような症状の方がいましたら、試してみてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

MuteConの作者、MacBSです。
拙作のフリーソフト関連で問題とのこと、大変申し訳ございません。

ご記載のとおり、MuteConはCoreAudioを使って音量とミュートの操作のみをおこなっています。
iTunesなどの音楽ソフトで音量を操作するのと、なんら違いはありません。
また、起動時にヘッドホンが刺さっている時にはスピーカー側のボリュームはMuteCon側からは触れず、逆に起動時に刺さっていない場合はヘッドホン側のボリュームは一切操作できません。
ヘッドホン端子の物理的な抜き差しで出力デバイスが切り替わる仕組みなんですよね。

ですので、ここの接触不良で音が出ないケースが結構あるようです。
イヤホンを挿した時に音が出ない場合、システム環境設定のサウンドで出力デバイスが「内蔵スピーカー」ではなく、「ヘッドホン出力」に切り替わっているか、ご確認いただけると幸いです。
アプリケーション>ユーティリティ>Audio MIDI 設定の設定内容によっては音が出なくなる機種があるようです。

もちろん、ソフトウェアのバグが残存している可能性もありますので、再現した場合にはご連絡いただければ助かります。
それでは今後とも、よろしくお願いいたします。

恐れ入ります。

まさか、ソフトの作成者から書き込みがあるとは思いませんでした。
その後、ヘッドホンで音楽を聞けるようになりました。
ただし、MuteConをアンインストールしたわけではないので、時々、イヤホンジャックにヘッドホンを刺し忘れたためか、聞けない時があります。
何か、根本的に治せる方法があるといいのですが。
プロフィール

SSWorld

Author:SSWorld
SSWorldへようこそ!
デジタル化されたモノが好きなのかもしれません。プログラミングしてフリーウエアを作ったり、昔録音した自分たちの演奏をデジタル化したりして、楽しんでます。DVDレコーダーも割りと早くに手に入れ、機械を分解してもいます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンタ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。