スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Macでサブフォルダまで一気にアクセス権を設定

Windowsでは、サブフォルダまで含めてアクセス権を設定することが簡単だが、iMacでは、少々悩んだ。

ホストであるMac側のフォルダに対し、仮想環境上のクライアントOSであるWindowsからアクセスさせたい。
ところが、原則、読み込みのみで、書き込むことができない。

そこで、iMacのファインダーから下図のように「情報を見る」機能から、書き込み権限を与えた。
access1.png

設定時の注意その1としては、
ParallelsのWindowsユーザに書き込み権を与えるときは、Mac側で「everyone」としてもだめ。
「Administrators」にすると、うまくいく。

その2として、サブフォルダまで含めて一気に書き込み権を与えるには、下図のように
「内包している項目に適用」を選択しよう。
access2.png

これで、Parallels環境でのWindowsからiMacへのアクセスが自由に行える。

なお、Windows側からiMac側のフォルダを見ると「読み取り専用」となっているが、気にすることはない。
きちんと、書き込むことができる。

間もなく、今年も終わりを告げようとしている。
来年もまた、よい年でありますように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SSWorld

Author:SSWorld
SSWorldへようこそ!
デジタル化されたモノが好きなのかもしれません。プログラミングしてフリーウエアを作ったり、昔録音した自分たちの演奏をデジタル化したりして、楽しんでます。DVDレコーダーも割りと早くに手に入れ、機械を分解してもいます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンタ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。