EP-702A互換インク

7月19日、6色1,190円の激安インクを6色ともすべて装着して印刷してみた。

まず初めに、DVDレーベル印刷だが、インク装着直後だったせいだろうか、純正インクがまだ残っていたのだろう、きれいに印刷された。
しかし、よく見ると、写真部分はかすれている。

L判への印刷は、2度ほどヘッドクリーニングをするが、まったくだめ。
縦に虹色の帯がいくつも入ってしまう。

A4普通紙も同じ状態。
裏面をみると黒インクが刷れて紙面を汚しているではないか。
こぼれているのか?不安、不安。

これは、安物買いの銭失いだ、

と思ったが、次の日7月20日、つまり今日、コピー機能をすると
白黒印刷で若干のこすれがあったが、昨日の裏面を汚すようなインク漏れはない。

よし、では写真は?
L判印刷すると、純正インクとほとんど変わらない美しい仕上がり。
やりました。

そうか、インク交換して1日くらい置いておかないとだめなのか。
互換インクを使用する方は、覚えておくといいかもしれないね。IC6CL50互換インク
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SSWorld

Author:SSWorld
SSWorldへようこそ!
デジタル化されたモノが好きなのかもしれません。プログラミングしてフリーウエアを作ったり、昔録音した自分たちの演奏をデジタル化したりして、楽しんでます。DVDレコーダーも割りと早くに手に入れ、機械を分解してもいます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンタ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク