信長の野望『革新』 上杉家滅亡

●熾烈、米沢城攻防戦
二本松城を築城し、20万の大軍で信長が上杉の米沢城を攻めた。
ここには、数千の兵しかおらず楽勝かと思いきや、謙信が春日山城から血相を変えて援軍に来た。
謙信の「車懸り」は強力で、信長は大ダメージを受ける。
やっとのことで米沢城を落とし、敵の兵力を10万ほど削った。

この大戦のさなか、七尾城から姉小路らが春日山城を落とすという殊勲を演じる。

数十万が交錯する大戦は初体験。
ドキドキしながら見守りつつ、援軍の手配や武器、兵の輸送、武将の移動など結構やることは多い。
☆大戦では、40万ほどあった兵糧がみるみるなくなっていくので、夏までにいたるところで鉄砲櫓の武家町を取り壊し、農村とした。

1582年2月、栃尾城(3万2千)、新発田城(8万7千)を攻略するため、米沢城(20万)から信長ら主力部隊、黒川城(20万)からは津田信澄らが幾度にも兵を繰り出し、どうにか2城を落とした。
新潟一帯から謙信を追いやるまで数か月を要した。

●上杉家滅亡
1583年6月、最後は、久慈港に逃げ込んだ謙信を攻略、捕獲した。
このとき、勝頼、鬼庭らも捕まえたが、織田を裏切ったやから故に処断した。
皆川など久慈港への進撃に、6千の兵を与えて手柄を立てさえようとしたのに、途中で部隊ごと寝返り、反撃をするなど言語道断。
容赦はしない。

さて、東は完全に織田が制覇したので、西の岸和田城へ主力は移ることとし、それまで信包、信忠の軍団に委任していた西の地を信長が受け持ち、東の地を両者に与えることとした。
スポンサーサイト

信長の野望『革新』あっけない武田家

●あっけない武田家
1573年から74年ころ、信玄病没と思われる。
あのにっくき信玄がいつの間にか亡くなっていた。寿命を期待してはいたが、いなくなってみると戦えなかったことが残念。

1578年春、武田との同盟切れると同時に深志城を攻め、箕輪城に武田勝頼を滅ぼす。
大した抵抗もなかった。

●上杉との決戦
1578年夏、関白になる。上杉との同盟が切れる。

1579年、いよいよ謙信との対決。
織田軍の北部はすべて謙信だけだ。

まず、箕輪城から沼田城(数千)へ約2万強で攻めると、春日山城から謙信が1万強で援軍に来た。
こちらは、謙信出陣で手薄となった春日山城へ富山城、魚津港から大筒隊等で攻撃(約5万)。
謙信は慌てて春日山城へ戻った。

その隙に、まず沼田城を攻め落とした。

その間、東北の小高城から上杉家の岩出山城(数千)へ1万弱で進撃。
上杉家の米沢城からやはり1万ほどの援軍。

これに対し、小高城からさらに竹中重治ら1万弱などを繰り出し、攻略に成功。

このとき、上杉家は新発田城と栃尾城に合わせて30万ほどの兵がいるにもかかわらず、謙信は援軍を差し向けなかった。
その兵が援軍に来ていたら我々も危なかったところだが、なぜか城にこもったままだった。

徐々にだが、謙信を追い詰めている。

戦の最中、登用していた勝頼が裏切ったのは、痛かった。この革新では、戦の最中に寝返ることがないので、安心だ。(後日、戦で出陣した部隊ごと寝返ることを知る。)

1580年夏、信長は名声1200を超え、兵力は160万を超える。
2番目の勢力は上杉で、46万。
上杉と接している前線は、各城10万から20万ほどを配置し、全面戦争を待っている状態だ。

上杉家は、新発田城などに兵を集中させ(20万以上)、上杉家の三戸城などの小競り合いには援軍も出さないところが不気味だ。
こちらは、上杉の本城を取り囲むように各出城を攻略し、兵糧攻めも考慮している。万全だ。

革新では、数十万の兵が動くと1か月で数十万の兵糧が減る。
上杉家は数十万の兵糧しかないので、戦が長引けば兵糧がなくなることとなる。

二本松城、沼田城、海津城、富山城などが前線になるが、今か今かと信長の下知を待っている。
さて、謙信との戦、始めようか。

ASUS Vivobook X202E

【デザイン】◎
 シャンパンゴールドは単なるシルバーとは異なり、アルミの素材とマッチして所有感を満足させてくれる。

【処理速度】○
 特に遅くもない。ただ、信長の野望『革新』の中で、数十万規模の大戦中はさすがにカクカクするところがあった。
(iMacでは起きないと思う。)
ネット程度なら問題なし。

【グラフィック性能】◎
 信長の野望『革新』がきれいに映る。

【拡張性】◎
 有線Lanポート、Bluetooth、HDMI、USB3.0がついてるので 十分。HDMIは簡単に液晶テレビの大画面に映してくれてとても便利。

【使いやすさ】◎
 タッチパッドはこれで十分。キーのタッチも軽く、ストロークが浅いため好み。

【携帯性】○
 1.3kgというほど軽くは感じない。リュックに入れるとズシッと言う感じ。でも、持ち運び中では重さを忘れる。

【バッテリ】○
 測ったことはないが、3時間は楽勝。ゲームでは減りが早いかも。

【液晶】◎
 画面のタッチパネルはまさにiPad。最高。

【静音】◎
 CPUを酷使するゲームでも、気になるファンの音はない。いや、回っているはずだが、気になったことはない。別にWindows7のノートパソコンがあるが、こいつはうるさい。
発電量、発熱量とも少ないCorei3で正解。

【総評】98点。
 Windows8の64ビットがプレインストールされ、その機能を十分発揮してくれるタッチパネルが付いて、しかも質感高く、大満足。
SDDではないが、起動に7秒ならiMacより速く、容量の多いハードディスク(iMacと同じ500GB)で正解だ。

made in chinaが気になったが、液晶のドット欠けもなく、今のところ不満はない。

送料込みで46,800円は驚きだ。
国産でタッチパネル付きはほとんどないので、Windows8ノートパソコン市場は海外メーカーに持って行かれてしまうかも。

革新、武田家滅亡

1575年、同盟が切れると同時に、躑躅ヶ崎館から深志城に向け、信長自ら1万余の鉄砲隊で攻めた。

信玄は、1574年から1575年までの間に死亡していた。残念。(実際は、ホッとした。)

信玄を継いだ勝頼は、海津城から深志城に数万の兵を繰り出してきたので、躑躅ヶ崎館からさらに1万近くを援軍に。

何とか攻略したが、箕輪城に逃げ込んだ勝頼等を信長は鉄砲騎馬で追った。
岩槻城、宇都宮城からも箕輪城攻めを開始していたが、苦戦。

信長が何とか間に合って、箕輪城にて武田を滅ぼす。

勝頼始め、多くの有能な部下を手に入れた。

1577年夏、謙信との同盟も切れ、初めての対戦となる。
この年、関白を拝命したが、何か効力あるのかな?
名声は、1000を越え、武田の有力武将が大人しく信長に就いた。

西は、信忠に委任しているので、信長は、上杉約50万を相手にするだけだ。

謙信の寿命は、いつだ?

信長の野望革新、信玄と同盟

どうしても深志城が攻略できん。
信玄が強すぎだ。

竹中、家康、信長、秀吉が束になってもダメってそんなのありか?

仕方ないから当世具足(騎馬攻撃力半減)が獲得できるまで同盟する事にした。

同盟期間は5年、
技術は2年ほどで手に入る。

同盟期間明けが勝負。

しかし、このあと、信玄の10倍はあろうかという謙信とどう戦えばいいのか、困ったものだ。

ASUS X202E買う



久しぶりにWindowsマシンを購入した。
買った理由にもなるが、このマシンは新しいことだらけだ。(●強い動機、○やや強い動機)

●画面がタッチスクリーン
この機能が購入理由の最たるもの。

●重量1.3kg
ファミレスなど外でパソコンをいじりたかった。
この重さなら可能だろう。

○Windows8
画面タッチのための新OS。
Microsoftのコンセプトを感じ取ってみたい。

●USB3
どれだけ速いのだろう。

○HDMI端子
液晶テレビにくっきり映し出せるのかな?

○BlueTooth搭載ノート
Mac用だが、ワイヤレスのマウス、キーボードがアダプターなしで共用できる。

この記事を書いている現在、現物をまだ手にしていない。
マシンが手に入り次第、レビューする。

...1月13日、11時30ころ配達された。

『革新』徳川を取り込む

1567年9月。3万3千を越える清洲城から信長、秀吉、竹中ら3部隊2万7千程を鉄砲隊にして岡崎城に出撃。
岡崎には1万7千は、家康、本多など、かなり手強い。

すべて鉄砲隊にしたことと、鉄砲櫓技術を教えなかったことが幸いした。
櫓はほとんど作られていなかった。
何とか勝てた。

家康らは浜松港へ逃げたが、5千程しかいない。

信長は、岡崎から休む間もなく出撃。
酒井以外を味方にすることに成功。

こいつらが信玄にとられたら取り返しが付かないところだった。

信長の野望『革新』は?

シナリオ1、中級、大名は信長で始めた。

‥‥難しい。

信長で、ある程度勢力を拡大したが、信玄に倍の勢力で攻め込まれ、思わず中断。

デモプレイモードにして信玄になって配下の武将を片っ端から追放し、再度始めようとしたが、むなしいからやめた。

そこで、シナリオ2(1562年)、上級、信長で始め、

1565年夏、清洲城、霧山御所、筒井城、雑賀城の4城で兵力5万3千。
トップは上杉の8万8千。
武田は2万9千。

1567年夏、岸和田城(境港)、稲葉山城を加えたところで
兵力10万余。
上杉は8万7千とほとんど変わらず。
信玄をみると、5万6千まで増やしたが我が軍の半分くらい。
しかもスタート時の躑躅ヶ崎館、深志城の2か国から増えていない。

シナリオ2が普通の思考だと思うし、この方が楽しい。

はてさてこれからどうなるのか!
プロフィール

SSWorld

Author:SSWorld
SSWorldへようこそ!
デジタル化されたモノが好きなのかもしれません。プログラミングしてフリーウエアを作ったり、昔録音した自分たちの演奏をデジタル化したりして、楽しんでます。DVDレコーダーも割りと早くに手に入れ、機械を分解してもいます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンタ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク