ちょいテレi、なかなか良い

我が家のテレビは、地デジ対応だが、ひょんなことから、受信できない状態にある。電気屋さんにも弱電用アンテナは、売り切れ。

そこで、ヤマダ電機でバッファローの「ちょいテレi」を買った。
我が家は、弱電地域なのでそれ程期待していなかったが、受信状態は、割といい。全チャンネル受信可能だ。

私の部屋が2階の窓に面しているという環境のためもあるが、映りは悪くない。
朝方(AM4)ほど綺麗に映る。

また、アルミホイルを延長アンテナとして、取り付けたところ、感度がグッと良くなった。(下の写真の「アンテナ」と書かれたあたりにつなぐこと。)

録画した映像もiPhoneの小さい画面でなら全く問題ない。
スポンサーサイト

パナレーサーの「ミニフロアポンプ」

前回のパンクで自転車には、1台ごと専用の携帯ポンプが必要、と記述したとおり、Pro-vocatio用に

パナレーサーの「ミニフロアポンプ」
(ドンキホーテで1,780円)
を買った。


購入のきっかけは、下記の方のブログ。
使った感想

フロアポンプ、というくらいだからか、今あるポンプよりも一回り大きく重い。
ポンプを自転車のフレームにつけるアタッチメントは、円形で挟むタイプなので、フレームが円筒でなく直方体のビアンキはダメ。
Pro-vocatioは、ダウンチューブが円筒なので、バッチリ。

あまり出番がないことを祈りつつも、これで安心だ。

初のパンク

家族で外食した帰り、ビアンキで、一人「カインズホーム」に向かう途中、「さいたま栗橋線」を上尾から白岡方面に向かう途中でのこと。
 アスファルトが波のようにうねっていたのでハンドルに集中し、「蓮田の道路はなんちゅうところだ。」と思った矢先、道路に何やら散乱している。しかも路肩を中心に。
後方からたくさん大型トラックがやってくるので、その散乱物を避けることは危険と判断し、そのまま通過。

すると、後のタイヤに何かテープでも巻き付いたようなパタパタした騒がしさが。
まさか、と思ったら、やはりパンク。
買ってまだ数ヶ月しか経っていないのに。

腐る気分を抑えながら、下記ポイントにあるとおりに、後輪をはずし、換えの新品のチューブと交換。
携帯ポンプでタイヤが硬くなるまで入れる。
この携帯ポンプ、なかなか便利。

修理が終わると、雨が。
急いで家路についた。カインズホームは、また今度。

でも、通勤途上でなくてよかった。
所要時間は、20分くらいか?

パンク修理のポイント
1)フロントディレーラーをアウターに、リアディレーラーをトップギアにする。

2)ブレーキのアタッチをゆるめる。

3)タイヤをホイールから外し、チューブを取り外す。

4)新しいチューブをタイヤとホイールの間に入れる。
このときチューブに空気を入れるとチューブをねじれないで入れることができるが、あまり空気を入れすぎると、タイヤの間に入らなくなってしまうので、注意。

5)後輪のスプロケットのトップギアがチェーンに乗るようにフレームに取り付ける。

6)帰宅後、パンクしたチューブをパッチで直す。今度は、これが換え用のチューブになる。

今日の出来事でも、携帯ポンプは、とても重要だと分かる。
ところで、私には、2台のバイクがある。
でも、携帯ポンプは1台。

雨の日は、Pro-vocatioを使うのだが、携帯ポンプをフレームに付けるアタッチメントがない。元々はPro-vocatio の携帯ポンプとアタッチメントだったのだが、すべてビアンキに取り付けてしまった。共用も考えたが、いちいち取り替えるのは面倒。やはり新しく買って専用で使う方がいいかも。

台風が間もなくやってくる。

朝から、雨。
仕事を終えて、帰宅時も雨カッパ。

雨は、あまり降っていない。
雨のない中、カッパを着込んでの自転車は、苦痛だ。

しばらくすると雨がたくさん降って来た。
この季節、暑いのでカッパを通して雨の冷たさが心地よい。
この時ほど雨をありがたく思ったことはない。

明日も、中途半端に降らないで、しっかりと降ってもらいたいものだ。

ビアンキ Nirone7 直進性

自転車に慣れてくると、色々と試してみたくなる。

ブレーキの急制動やコーナーリング、ウイリーなど。
で、割と簡単そうで実はなかなか勇気がいる操作に、手放し運転がある。

というのも、前傾姿勢がきつく、サドル位置が高いため、ヤバイ、という時、ハンドルまでの距離が長いので、少々危険。

でも、やっぱり試して見ないと。

結果、すこぶる快適。
今まで手放しだと左右どちらかに寄って行ったりして長くは続かなかったが、ビアンキは違う。
フレームの出来がいいのだろう、不安はない。

ロードバイクって、こんなところも、ママチャリとは違うんだな、と感心した。
プロフィール

SSWorld

Author:SSWorld
SSWorldへようこそ!
デジタル化されたモノが好きなのかもしれません。プログラミングしてフリーウエアを作ったり、昔録音した自分たちの演奏をデジタル化したりして、楽しんでます。DVDレコーダーも割りと早くに手に入れ、機械を分解してもいます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンタ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク