スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サドルが痛い

スポーツサドルは、カッコがいいのだか、硬い形状なため、とても痛い。

そこで、100円均一で買ったサドルカバーの中に、下図の様なプチプチを2つ折りにして適当に入れてまたがってみた。


すると、...ん?
おっ、おっ、?!
痛くない??

少しサドル位置が高くなるのであらかじめ下げておく必要があるが、効果は抜群。

市販のサドルカバーでは、気休め程度にしか、痛みを和らげてくれないので、是非お試しを。
スポンサーサイト

Pro-vocatioに、サイクルコンピュータとサドルバッグ

今日は、ものすごくいい天気。バイクでかっ飛ぶには、最高の晴天。
というわけで、自転車の修理工具一式を入れるためのサドルバックをサイクルベースあさひで購入(2,480円)。
1.6Lの容積はダデではなく、チューブ、メガネレンチ、スパナなど3本、パンク修理一式、プラスマイナスドライバ、6角レンチ、ヘッドライトなどが入る。
サドルバッグ正面サドルバッグ右横

それと、サイクルコンピュータVELO5という初心者用コンピュータをロジャースで購入(1,244円)。
取り付けは、初心者の私でも10分ほどで完成。
夜間少し走ってみたが、問題なし。電池は3年もつらしいが、本当かどうかは今後のレポートで。
VELO5.jpg

だんだんと、我が愛車の道具が揃いつつある。
あとは、私の脚力だけか?

ディスプレイスタンド

4月15日(金)、職場へPro-vocatioで通勤したその帰りに、サイクルベースあさひで「ディスプレイスタンド」を買った。(ママチャリでいうセンタースタンド。)
1,980円だった。
ディスプレイスタンド右側面
この店では、チューブ(700c*28Cで798円)も購入した。
ロジャースに比べると、決して安くはないので、よく品定めした方がいい。
ただ、オリジナルグッズ(ロジャースにはディスプレイスタンドは置いていない。)は多いので、魅力的ではある。

Pro-vocatio Solid2011で初の通勤

4月15日(金)、週末なので職場まで、Pro-vocatio Solid2011で通勤した。
体重が52kgにまで落ち込んだ。
約800gほど自転車を漕いだことによって体重を落とし込む結果となった。

疲れたけど、楽しかった。
県庁左正面サイズ小
職場の駐輪場でパチリ。

Pro-vocatio Solid2011の諸元

■frame size HIGH-TEN STEEL 480mm
■R-derailleur SHIMANO RD-A050
■SHIFTER SHIMANO SL-TX50-7R
■HANDLE  ALUMINUM
■CRANK SET SUGINO 44T×170
■FREEWHEEL SHIMANO MF-TZ21(14-28T)
■CHAIN KMC UG51
■STAND ALUMINUM
■PEDAL VP-518S BS
■TIRE INNOVA 700×28C
■WEIOGHT 13KG
■最低サドル高 480mm 840mm

Pro-vocatio Solid2011に乗りたいのに

2011年4月6日、Pro-vocatio-Solid2011が配達されてから初めての週末、どこかへ出かけたい、という衝動に駆られるほど気温はあたたか。
しかし、外を見ると無情にも小雨。
夕刻まで、何やら家の作業をして気を紛らしていたが、真っ暗になる前に乗ろうと、バイクにまたがりさっそうと。

でも、夜、地面の起伏などがよく見えるようにかけた眼鏡がびっしり水滴がつくほどの雨に、途中で引き返してきた。

明日は、晴れるらしいので、今度こそ、でかけるぞ。

とりあえず、出かける先は、北上尾にあるサイクルショップ「あさひ」(正確には、サイクルベースというらしい。)
どんなスポーツバイク用品が売っているのか、楽しみだ。

ウエア、グラブ、ディスプレイスタンド、予備のチューブなど、欲しいものはたくさんある。Pro-Vocatio-Solid2011小2

ディレイラーガード装着



銀色の棒のようなものが後輪のハブについていると思うが、これが転倒したときにディレイラー(変速機)を守ってくれるガードだ。

一度転倒して、ディレイラーに傷が付いたので、急いで購入した。
バイク乗りならわかると思うが、エンジンガードがイメージとして、近いものがある。

とりあえず、風で倒れない様にスタンドをかけることに注意しよう。

Pro-vocatio Solid 2011がやって来た


4月6日、待ちに待ったロードバイクがやってきた。
運ばれてきた段ボール箱は、今まで見たこともないような大きさだった。
実際に、箱から出したこいつは、思ったよりも小さかった。

乗ってみると、こぎ出しが軽く、5速からの発進もわけない。
6速から7速へは、ギヤ比が大きく変化し、7速は、車でいうオーバードライブ、つまり巡航走行で使用するものと、思われる。
ちょっした上り坂は、3速ほどで楽に上ることができる。

早速、息子が自転車を転倒させ、ディレイラーに傷を付けたので、ディレイラーガードを購入した。

フレンチバルブは、慣れるまで時間がかかり、自転車購入時のおまけで付いてきた簡易空気入れのアダプターを使うと、米式のシュレイダーバルブに変換できるので、自宅の空気入れでもエアの補充ができる。

サドルは、確かに柔らかくはないが、お尻が痛くなればちょっと立ちこぎ姿勢をとればまた、座れるようになるし、そのうち、おしりも慣れてくるのではないだろうか?

自転車にこれほどまで乗りたい、大事にしたいと思ったことはない。
それほど、こいつは、カッコ良く、乗っていても、軽快で、欠点らしいところが見あたらない。
お尻の痛みも忘れるほどだ。

ロードバイクを買った

solid2011-pw2.jpg
以前からロードバイクには興味があったが、3月11日の東日本大震災を契機に、ガソリンが高騰し、車から自転車へと、生活の足をシフトしなければならないと感じるようになった。
そこで、4月1日、ネットで上の写真の自転車を買ってしまった。(Pro-vocatio Solid2011モデル)
重さは13kgだから、本格的なロードバイクの倍の重さにはなるが、普通の自転車に比べれば軽い。
実際に、ネットで投稿されたレビューをみても、ほとんどの人が軽さを利点としてあげていた。

この記事を書いている今現在、まだ届いてはいないが、嬉しい気持ちを抑えきれず、アップした。
来週の週末には、届けられるといいのだが。
プロフィール

SSWorld

Author:SSWorld
SSWorldへようこそ!
デジタル化されたモノが好きなのかもしれません。プログラミングしてフリーウエアを作ったり、昔録音した自分たちの演奏をデジタル化したりして、楽しんでます。DVDレコーダーも割りと早くに手に入れ、機械を分解してもいます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンタ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。